にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校とYouTube

f:id:nanamiyuki:20210911071628j:plain

不登校のお子さんがYouTube

延々と見ている」

といったフレーズは親御さんから

よくお聞きします。

 

YouTube

ハマっているのは

不登校のお子さんだけのこと

ではないのですが

不登校のお子さんであれば

家にいる分、見る時間が長くなるので

親御さんの心配や不満は大きくなるかもしれません。

 

YouTubeといった動画と

不登校のお子さんは

どう付き合うといいのか。

 

まず確認していただきたいことは

お子さんの心の状態です。

 

不登校の経過で

傷ついていて

今も何かに苦しんでいるという

状況なら

今は自分の好きなことをして

心を癒す必要があります。

この場合は、大人は

むしろお子さんが好きなことを

できる時間を作ってあげてください。

YouTubeで好きな動画をみて過ごすこと

お子さんにとっては

大切な時間といえます。

 

もしお子さんの心が元気で

YouTubeを使っているなら

付き合い方を

一緒に探ってほしいと思うのです。

 

禁止したり

制限するのは

もう時代にそぐわないと

思います。

 

私はYouTube

全くの娯楽で見るときもありますが

調べ物に使うことも多いです。

最近では、折り紙の折り方も本ではなく

YouTubeで探すといった具合です。

 

その方が面白い折り紙に出会えます。

そしてわかりやすい。

 

ですので目的があれば

これは学習です。

 

また、YouTubeの中には

決して知ることのできなかったであろう

物事の真相や

出会うこともないだろう

人の話を聞くことができるコンテンツも

あり

自分のペースで

興味深い体験ができます。

 

ただYouTubeの内容には

嘘も多いです。

全くのデマというものもあり

気付かぬうちに宣伝を見せられていることも。

マナー違反のものもたくさんあります。

 

私は、子どもたちには、大人のなるまでに

情報の良い悪いの判別ができるような力を

つけてもらうことが必要だと思います。

その教材がYouTube❗️

 

思春期を過ぎると

スマホの待ち受け画面さえ見せてくれなくなります。

まだ親の手が離れないうちに。

 

具体的には

お子さんがどんなYouTube

なんのためにみているかといった

ことを

詳しく聞いたり

一緒に見る。

その中で

それは違う

それはいいといった

やりとりをして

お子さんはYouTubeとの付き合いを

学んでいくのです。

 

YouTubeを日に何時間見ていいとか

悪いとかそんなことでは

追いつかない。

スマホタブレット、パソコン

これは

個人の世界です。

世界はそちらに凄い勢いで向かっている。

 

子どもたちはこれから

そんな社会で生きていくのです。

 

今子どもたちに必要なのは

付き合い方を学ぶこと

 

とはいえ

私が我が子を子育てしていたときには

なかったこと

実際のお話など聞かせていただければ

嬉しいなあと思っています。

 

ワンコインセミナー毎月開催しています。  

詳しくはホームページをご覧ください。  

奈良市西大寺

不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室  

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜    

   https://kodomonokokoro.crayonsite.info