にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校の相談 医療機関編

f:id:nanamiyuki:20210514191801j:plain

奈良市西大寺

不登校や学校がしんどいお子さんの相談室の 

にじいろたまご 七水(ななみ)です。

 

今回は、不登校の相談 医療機関 編です。

 

あわせてお読みくださいね。

不登校の相談 学校以外 編

学校は不登校の相談をするのにふさわしいか

 

不登校の相談に医療機関にかかられている方も

いらっしゃると思います。

 

基本的には良いと思います。

やはり医師の専門的知識は圧巻です。

専門的な幅広い視点で

子どもさんを診察されるのです。

可能であれば

かかられるといいと思います。

糸口が見つかることがあります。

 

また診断書や医師の指示は強い力があります。

奈良で学校を支援されている精神科医がいらっしゃるのですが

その方は、ある勉強会で

「子どもの利益のために診断名をつける」と言われていました。

子どもさんのために学校など関係機関と交渉する時などで

診断書などが役立つときなどは積極的に使うといいと思います。

 

実際、私は長男が不登校になった時かかりつけのお医者さんに

適応障害」という診断書を書いてもらえたおかげで

半年仕事を休むことができ、子どもと

じっくり関わることができたのです。

今の私と長男があるのはそのお医者さんのおかげだと思っています。

 

医療機関の問題点は、とにかく混んでいること

初診は2、3ヶ月先はザラです。いきたい時に行けないんですね。

そして診察時間が十分ではないように感じます。

怪我や病気とは違い、不登校のお子さんの症状や経過は、

口頭で説明するしかないのですが

それを話すだけの十分な時間が確保されていないように感じます。

情報が十分伝えきれていない中でのお医者さんの指示は時に抽象的になります。

親御さんが日常生活で結局どうしたらいいか戸惑うような内容の時があります。

 

不登校のお子さんを診察した医者に

「ストレスをかけないように。でも勉強はさせてください。」

と言われた。どうしたらよいか

というご相談を受けたことがあります。

抽象的な指示ですね。

ストレスとはどれぐらいをいうのか

どんな勉強がいいのか

どれくらいしたらいいのか・・・

教師ならノウハウがあるかも知れませんが、

親御さんには何をどのようにしたらいいかわからないというのは当然ですね。

これを解決するのは、

医師に煙たがられようが、次の患者さんに悪かろうが

その場で医師に聞くしかありません。

 

医療機関のかかり方のポイントは

①まず病院の評判を聞いてじっくり時間をとってくれるところを探す

②そして伝えることをまとめて出来るだけ要領よく伝える

③わからないことはわからないとその場でお医者さんに聞く。

こんな感じですね。

 

子どもさんのために

「わからないことはわからないという」と胸に刻んで診察に臨みましょう😀

 

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜      

https://kodomonokokoro.crayonsite.info