にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校のお子さんと味方

不登校の風当たりの強さを感じることありませんか?

 

学校に行かないお子さんを

親が腹を決めて

子どもさんを全面的に受け入れて、守って、支援しての日々。

 

その中で

学校

先生

子どもの友だち

ママ友

そして親族(まさかの夫!)からの

「学校行けないなんてかわいそう」

「親の育て方が悪いのかな」

「甘やかしているから」

「将来どうするのか」

 

まだまだマイノリティです。

学校文化の中でどっぷり浸かっていれば

このような考えになるのは仕方ない。

 

私は教員として不登校の支援をしていました。

一生懸命に寄り添ってきたつもりではありました。

でも今振り返ると表面的な支援だったなあと思います。

傷つけたこともありました。

自分の子どもが不登校になってから

色々気付くことがあります。

 

当事者でなければわからない痛みなのです。

この痛みは学校文化を信じている人には

わからないのだと思います。

 

と大枠は諦めて少しずつ、味方を増やしましょう。

できる範囲で少しずつでいいので❣️

 

誰に理解してもらうかを整理してください。

まずお一人。一番わかって欲しい人がいいのですが、

わかってくれそうな人からいきましょう。

今のお子さんの現状にあった本や、資料があるといいですね。

そしてすぐに全てを理解するのは難しいので

少しずつお話ししましょう。

一回ではなく繰り返し。

そして今困っていることを話すことが大切です。

もし少しでも手応えがあれば、2人目にチャレンジしましょう。

1回目の資料があるし、説明もしやすいはず。

もしかしたら1人目の方が助けてくれるかもしれないし

1人目の方は、独自に2人目に話しているかもしれません。

(ネズミ講❓)

 

理解して助けてくれる人は必ずいます。

(不登校の支援をしてきた中での私の結論ですが。)

 

奈良で相談室しています。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

                    https://kodomonokokoro.crayonsite.info