にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校のお子さんとお小遣い

不登校はなにかとお金がかかります。

 

とにかく

本当に

色々

かかります。

 

何をするにも

お金がかかる時代ですね。

 

だから

学校というシステムができたんだなあと

変に納得したりして。

(集団でカリキュラムに沿って

一斉に強制的というのは実に合理的!)

 

とはいえ、

だからこそ

行きたくないということかもしれませんね。

 

お金の使い方を

伝えることは

しつけの中でも

大切なことだと思います。

 

お小遣いの額や渡し方を

どう考えるかは

親御さんの考えもあるでしょうし

経済的なこともシビアに関係します。

 

基本は

 

決られた額の中で

計画的に使う   です。

 

 

ただお金が欲しいというのは

やりたいことがある

つまり

希望があるということ

です。

 

数年前から参加している

引きこもりのサポーターの

研修で斎藤環先生さんの

お話しで

長い期間

引きこもっていた方にまずすることは

お小遣いを渡すことだそうです。

ただただ家にいるだけなら

お金はいらないのです。

お金を持ち

お金を使うことで

社会に興味を持つ

そして家から出ようと意欲につながるのだ

そうです。

 

「もっとお金欲しい」

「課金させて」

など不登校さんとのかかわりで

お金の問題は出てくるとは思います。

 

その都度よくよく

子どもさんの話を聞いて

伝えていかなければならないことは

伝えます。

バトルになる時もあると思います。

ただ心の片隅に

この子は、社会に希望があるんだなあと

思えると

気持ちが少しだけ和らぐのではないでしょうか?

 

ただ

ゲームなどの課金については

しっかりと話し合って

親御さんが主導権を握るシステムにしておくことを

お勧めします。

ゲーム依存は病気ですので

しつけとか

約束と言った範囲を超える時がありますので。

 

奈良で相談室しています。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

                    https://kodomonokokoro.crayonsite.info