にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校と修学旅行 その2

修学旅行の続きです。

学校のサポートについてです。

私は保健室の先生をしていましたので

修学旅行を含めると50回ぐらいは

宿泊の学習に参加しました。

その経験から😊

 

どんなサポートが必要か

はっきりお伝えくださいね。

そうすれば先生たちも考えやすいのですから

先生たちは

修学旅行に来ているのです。

学校と違って他になにも雑用!がないのです。

緊急事態があれば別ですが

できることならきっとしてくれます。

 

私は、子どもたちより

担任の先生たちの方が

修学旅行を大切に思っていると

ずっと感じていました。

だからもし参加したいという気が少しでも

お子さんにあるなら

遠慮なく伝えたらいいと思います。

 

さて参加には

色々なパターンの参加が考えられます。

全行程みんなと一緒というのもいいですが

例えば

日帰りにした人もありましたし

宿泊地に親戚の方が迎えに来るパターン

それからキャンプファイヤーだけとか🔥

他にはグループ活動なしパターンで

保健室の先生と待機!

ずっと一緒にいたお子さんもいます。

夜は、先生の部屋で寝ると決めてきている子もありましたし

みんなと寝て1時間寝れなかったら

先生に部屋で寝るというお子さんもありました。

荷物は宅配って子もいた(なんでだったかな?)

 

一番強者は、親が隠れて一緒についてきてたパターン

(これは他校から聞いた話です。あんまりないと思うのですが)

なんかあったら

すぐ駆けつけます!ってパターン

 

とにかく

知恵を絞れば

お子さんにぴったりのパターンが

出てくるかも!?

 

行くか行かないかは

置いといて

お子さんと

あーでもないこうでもないと

こういう時間も大切だったりします。

 

うちの子は、夜一睡もしないと決めて

修学旅行に行きました。

そして一晩中起きていたそうです。

でも中学の修学旅行は行ってないかな。

高校はどうしたっけ。

今年20歳です。

色々大変だったけど

懐かしいです。

 

 

奈良で相談室しています。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

https://kodomonokokoro.crayonsite.info