にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校と白黒思考

白黒思考

100 0 思考(ひゃくぜろ)

全か無かの思考

など言われるものですが、

不登校のお子さんに

この考え方を採用しているお子さんが

いらっしゃいます。

 

完璧以外は、認めない

 

例えば遅刻するぐらいなら休む。

宿題でわからない問題があるから全部出さないか宿題自体しない、

そして宿題を出せないので学校に行くことができない。

完璧な作品が出来ないから工作に手をつけない。工作のある日は休む。

外出したいが身支度に2時間ほどかかるのでめんどくさいから外出しない。

など

 

できればゆるめたい思考のクセです。

 

まずは

先生に理解をしてもらうのが大切です。

(教師や指導者がそれを求めている場合もあります。)

そして白黒思考に配慮しながら

「今は心がしんどくなっているから宿題出さなくていいよ。」

と、先生から伝えてもらったり

宿題自体を少なくしてもらったり

または、事前に課題を示しておき

事前に準備する時間を作ったり

見本を渡したり

と とりあえずの対処方法!

 

でも少しづつ

『白黒思考』自体を緩めていければいいなと思います。

 

まず、お子さん自身が白黒思考が窮屈だと理解してもらうことが

大切です。実際場面で繰り返し伝えてあげてください。

そして次に、5段階とかパーセントでの考えを教えてあげてください。

 

すぐには修正できません。

でも繰り返し、何度も、じっくりと‼️

そうこうしているうちに

お子さん自身が自分で自分にツッコミを入れだします。

「また白黒してる!」

そうなればこっちのもの

世界に

グラデーションが見えるようになれば

すごく生きやすくなるのです。