にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校のお子さんの心を知る〜厚着は心の鎧⁉︎〜

不登校のお子さんと関わる時

何を思っているのか、どうしたいのかを知りたいのですが

すらすらとお子さん自身が自分の内面を

お話しされることは、まずありません。

 

言葉にすること自体が難しいお子さんや

自分の気持ちを口にすることに

罪悪感があるお子さん

自分の気持ちを

自分でつかみづらいお子さんなど

理由は様々です。

 

お子さんとの関係ができれば、

こちらも色々推測して

質問をしながら

進めていきますが、

まだ関係ができる前であれば

薄氷の上を歩いているように恐る恐る

関わることになります。

 

その時に私が、目安にすることは

いくつかあるのですが、

その一つに厚着かどうか(主に冬場) があります。

お子さんが、初めて相談室に来られる時など

何枚も着込んで、例えば

ジャンパーを2枚重ねで

帽子をつけ、マスク(コロナ前でも)マフラー、手袋

なんて感じでこられることがあります。

 

相談室の暖かい部屋に入っても

しばらくはそのままです。

親御さんに促されて

さすがにジャンパー(一枚目)は脱いでも

帽子や手袋は

そのままで過ごされることもあります。

ただ相談室に慣れてきてくれると

それを一枚、一枚脱いでいくのです。

心が温まり、

自分をまもる鎧を脱いでいくイメージです。

安心してくれたサインです。

 

私の息子が不登校をしていて

久し振りに学校に行く日のこと。

いつもは、暑がりなのですが

その日は、寒い寒いと言って

薄手のジャンパーの上にダウンのジャンパー

手袋、マスク、ネックウォーマーを

つけておりました。

1ヶ月ほどは、

そのような形で

登校してましたので、身を守るために装備なんだなあと

見守っていたことがあります。

同じようなことに

目を隠すように前髪を伸ばしていた時期もあります。

これも同じような意味があるのだと思います。

 

部屋に入ったら防寒着は脱ぐべきなのに!

前髪が長いと目が悪くなる🤭と

無理矢理、服を脱がしたり

ヘアカットすると

子どもさんが自分で工夫している

不安を鎮めるための

鎧がなくなってしまうのです。

 

ゆったりと

お子さんが鎧を自分で脱ぐのを

待つのがいいと思います。

 

1月13日

ワンコインセミナー&フリースペースします。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

                    https://kodomonokokoro.crayonsite.info