にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校のお子さんの給食費その3 先生への伝え方

今日は、給食を止めることを、先生に伝える時のポイントを書きますね。

まず給食を止めることは、その1で書きましたように

先生自身にダメージがある時があります。担任であれば特に。

ただこれは気になさらなくていいです。

それは、先生側の問題で、この件で先生の心がダメージを受けるのは

その方自身の問題だと思います。

ただ親御さんは、このことを心に留めて

慎重に丁寧にお伝えになるといいと思います。

 

そして実際に伝えても、給食を止めることができるということを

知らない担任がほとんどです。また学校も即答できないかもしれません

賢明な先生ならここで一旦確認作業が入るでしょう。

先にこの時点で、客観的な情報を伝えておきます。

親御さんは、先に情報を調べておいてください。

例えば事前に教育委員会などに尋ねておいて

教育委員会は、校長裁量だと言ってます。」など

また近隣の学校の情報やPTAの会長さんの意見とか、

カウンセラーの意見や他の不登校の親御さんの意見とか。

弁護士さんの見解などもネットでは、載っているサイトもありますね。

ほとんどの先生は、親御さんのいうことをきちんと公平に受け止めることができますが、

一部に、不登校の親は、自分勝手だ とか、給食止めるなんて聞いたことない など

自分の物差ししか持たない先生もいますので、門前払いをさせないための策です。

 

また給食を止める事務については、

ネットショップのキャンセルのように簡単にできると

思われるかもしれませんが

学校に入っているシステムって何故か

本当に使い勝手が悪く

(コストを抑えていながら、セキュリティを重視しているからだと思いますが)

この程度の事務作業でも案外時間がかかるかもなあと思います。

また管理職、教育委員会に口頭の報告さらに文書による報告が必要だったりします。

そして給食の食数が変わるので給食主任や栄養職員に報告などなど

いろんな事務仕事が付いてきます。

 

食べていない給食を止めることは、当然のことで、

その作業は当然、学校側が、行うことではありますが、

学校側、先生側から見れば結構、手間がかかる作業でさらに

先生自身の苦痛が伴うことなのです。

ですので丁重にお願いされることが

結局はスムーズに進むコツだと思います。

クッション言葉なんていうのをうまく使って

お話しされれば完璧だって思います。

 

何かご質問などありましたら

お知らせくださいね。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

                   https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

 

f:id:nanamiyuki:20201229205354j:plain