にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校と外出

不登校のお子さんは、外出はされていますか?

私は、学校を休んでたって外出して

いいと思いますし

実際、私の子どもたちの不登校期間中も

公園やショッピングモール、ランチなど

ちょくちょく行ってました。

家にいるほうが好きなお子さんでしたら

家にいてゆっくりされればいいですし

外に出たいお子さんは、

外に出て気分転換されることは

大切です。

ただ、うちの子どもは、近所の外出は

嫌だったようです。

友だちが学校にいる時間なら

大丈夫なはずなのに

「◯◯くんのお母さんがいた!」とか

「△△先生が歩いてる⁉︎」

などビクビクしていました。

ですので外出するなら

お子さんが何が心配か

どうすれば安心か

などよく聞いてもらって

場所、時間を決めれたらいいなあと思います。

うちの場合は、

近所は嫌

出かけた時、絶対一緒にいて欲しい

ということでしたので

映画も遠い方の映画館に行ったり

公園も大きな少し遠い公園に行ってました。

そこでも決して子どもを一人にしないように

気をつけました。

また、うちの子はショッピングセンターの

メダルゲームが好きで

連れて行っていたんですが

平日のゲームセンターは、今、

シニアの方の社交場になっていて

子どもが一人で平日ウロウロしていると

親切ではあるんですが

「今日休みなの?」って感じで、

ご年配の方が

悪意なく話しかけることが多くー。

それが少ししんどいと行ってました。

ただ長男は、だんだん図太くなり

ゲームセンターに行きたい時は、

低学年の帰る14時半ぐらいにゲームセンターにつき

高学年が帰る15時半には帰るという

裏技を考え出し

(本人的には、僕は学校行ってから来てます!

でも友だちが来そうな時間帯には帰る!って感じです。)

メダルゲームを楽しんでました。

びっくりするほどのメダルを当てて預けていて

私も楽しませてもらいました。

今はコロナ禍で

感染予防のことも考えないといけないかもしれませんが

子どもさんが望まれるなら可能な範囲で

外出した方がいいと思っています。

 

実は、私の方がメダルゲームにハマったかもで

時々、やりたくなるのです‼️

 

奈良で相談室しています。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜
https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

 

不登校と学校の体制(誰に相談するのか?)

今日は、

子どもさんの不登校などで

学校に相談に行かれる時に

誰のところに行けばいいのかについて

書きたいと思います。

 

まず担任の先生に相談されるのが

自然な流れになるのですが

担任に話しても話が、進まない、理解してもらえない

根本的に担任が原因ということは、よくあることです。

ただここで止まってしまうと担任が

学校内でどこかの部に報告しないと

学級でのできごとの一つで終わってしまいます。

担任も子どもと同じように

学校内では評価される側で

競争を強いられている面があります。

担任自身も意識的か無意識かは置いといて

自分の評価が関係するかもしれない事象は

小さく見積もって、大ごとにしたくないのです。

ですので問題解決への動きがないなあと

思われたら他にご相談されることをお勧めします。

では担任の次は誰に行くか。

学校内は、校長、教頭の管理職以外は、上司部下という関係がなく

新任さんもベテランさんも同じ並びになります。

ですので校内分掌と言って

担当の業務で考えていきます。

例えば

・学年主任(多分学年の中では、経験の長い人です。この方が良い方ならここがいいかな?)

・人権の担当(差別的なできごとの相談など)

・生徒指導の担当(いじめ、友人関係など)

・特別支援コーディネーター(発達的な問題、勉強方法など)

・教育相談コーディネーター(心の問題など)

養護教諭(身体と心の問題など)

スクールカウンセラー(心理面の相談)

誰がどの仕事をしているかは

ホームページや学校便りなどでお知らせされていると思いますので

調べられると思います。

 

そして校長先生と教頭先生がいます。

 

担任ではない人に相談しようと思われたら

内容によって担当があるのです。

 

ただ全く知らない先生のところに行くのは

難しいので

先に管理職(校長でも教頭でもいい人そうなところへ)の先生に相談してから

適切な先生を紹介してもらったり

または、昨年までの担任や兄弟を担当してもらったなどの知っている先生に

つないでもらうなどがいいのではないかと思います。

 

最後に少し怖い話

学校内に

神戸の教師のカレーいじめみたいに

権力を持つ先生がいて

管理職も意見が言えない場合があります。

その時は

教育委員会文部科学省へ行くしかありません。

・・・・教師間のいじめはありますので。

 

というところで

もしかしたら地域によれば

もっと適切な担当が

あるかもしれません。

教えていただけるとありがたいです。

 

奈良で不登校や学校でお困りの

お子さんと親御さんの方の相談室しています。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜
https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

 

 

 

不登校と行きしぶり(学校に行きたくないと言われたら)

子どもさんに「学校に行きたくない」と

言われたらどう答えるか

私は、実は、二回経験しています。

長男が4年生の時と次男が5年生の時。

では、どう答えたか。

実は、長男と次男には

全く違う返事をしています。

長男には、

「わかった、よく頑張ったね。ちょっとゆっくりしようか」

次男には、

「いや、休みながらでいいから、少しずつ行こう。」

このような返事になったのは、理由があります。

それは、長男と次男は、不登校に至る道筋が

全く違うからです。

長男は、担任の先生と全く合わず

怒られては、反抗してという毎日でした。

そして先生も大人気(おとなげ)なく

子ども相手に応戦!されていたので

親の私から見ても

学校へ行く意味が見あたらなかったのです。

ですので学校に行きたくないことについては、

受け入れるしかないという感じでした。

次男が学校を休みたい理由は、

いじめが絡んでいました。

ただ学校が色々考えて

いじめについて対応をしてくれていましたので

無理はしないでいいけど、いける範囲で行こうと

なったのです。

同じ兄弟で、同じ母であるのに

全く違う返事なのです。

不登校については

行くべき、休ませたほうがいい

むしろ学校を辞めさせたほうがいいなど

色々な意見があります。

でも私が一番大切に思うのは、

子どもの置かれている現状です。

学校に行く行かないという

一般論ではなく、

そのお子さんがこのまま

この学校に行ったらどうなるか

この先生といたらどうなるかといった

現状からの考え方が大切になります。

本当は、お子さん自身の性格や

発達的な強み弱みも

加味していく必要があるのですが、

あまり書きすぎると

うちの子どもたちに叱られますので

今日はここまでにさせてくださいね。

ご意見など伺えたらうれしいです。

 

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

                    https://kodomonokokoro.crayonsite.info

不登校と白黒思考

白黒思考

100 0 思考(ひゃくぜろ)

全か無かの思考

など言われるものですが、

不登校のお子さんに

この考え方を採用しているお子さんが

いらっしゃいます。

 

完璧以外は、認めない

 

例えば遅刻するぐらいなら休む。

宿題でわからない問題があるから全部出さないか宿題自体しない、

そして宿題を出せないので学校に行くことができない。

完璧な作品が出来ないから工作に手をつけない。工作のある日は休む。

外出したいが身支度に2時間ほどかかるのでめんどくさいから外出しない。

など

 

できればゆるめたい思考のクセです。

 

まずは

先生に理解をしてもらうのが大切です。

(教師や指導者がそれを求めている場合もあります。)

そして白黒思考に配慮しながら

「今は心がしんどくなっているから宿題出さなくていいよ。」

と、先生から伝えてもらったり

宿題自体を少なくしてもらったり

または、事前に課題を示しておき

事前に準備する時間を作ったり

見本を渡したり

と とりあえずの対処方法!

 

でも少しづつ

『白黒思考』自体を緩めていければいいなと思います。

 

まず、お子さん自身が白黒思考が窮屈だと理解してもらうことが

大切です。実際場面で繰り返し伝えてあげてください。

そして次に、5段階とかパーセントでの考えを教えてあげてください。

 

すぐには修正できません。

でも繰り返し、何度も、じっくりと‼️

そうこうしているうちに

お子さん自身が自分で自分にツッコミを入れだします。

「また白黒してる!」

そうなればこっちのもの

世界に

グラデーションが見えるようになれば

すごく生きやすくなるのです。

 

 

 

不登校とPTA活動

お子さんが不登校で学校を休んでるのに

親御さんがPTAの役員で

学校に行かねばならない!

というお話も

よくお聞きします。

実は私もPTAの役員をしている時に

子どもが不登校をしておりました。

その時PTAの退会を考えたこともありました。

 

PTAは法的な縛りなど

全くないですし、

入会しなくてもよいものです。

実際PTAが組織されていない学校もあります。

また入学時に、申し込みをとっている学校もあります。

全く任意の団体であるのです。

 

ただ、とは言っても

ほとんどの親御さんは

入るべきものと考えて

おられますし

途中で退会するってなると

どんな噂話になるかは

運次第‼️

めんどくさいなあと

思って

そのままにしておきました。

 

私は当時、PTA活動を

『スパイの潜入調査』と勝手に名付け、

子どもが嫌な学校を偵察してやる!と

自分に言い聞かせていました。

 

学校に行けば、先生たちの人間関係や

教室に様子、職員室の様子などが見えますし

実際、先生同士が言い合いしているところを

見た時もありましたし

保護者が担任に

クレームしている場面を見た時も

ありました。

 

また

先生、管理職、他の親御さん

ママ友などなど色々な方と話す機会があり

実際、優しさに触れることもありましたが

「‼️」みたいなことを言われることも

あり、凹んだこともたくさん。

スパイの潜入調査ですので

危険はつきものと

自分で納得していました。

 

結論としては、

PTAは入らなくてもいい。

それについてくるめんどくさい人間関係で

どっちが得策か!で選ぶ。

って感じですね。

 

続行する場合

楽しむしかありません。

スパイ活動で

面白いご報告ありましたら

お知らせくださいね😃

 

不登校のお子さんと家庭内暴力

今日は少しヘビーな話です。

お子さんの暴力について

でもここにかけることは、

ひとつだけです。

 

暴力は決して受け入れてはいけない

 

このことを覚えておいてください。

もし家の中で暴力があるなら

第3者にしっかりガッツリ相談してください。

相談をする時、上部だけの話をしないでください。

「暴力は一回だけで

私の言い方が悪かったから

あの子も反省しているし」

というお気持ちわかります。

でもそうこうしているうちに

暴力の余韻が一旦消え去り

家庭内に静けさが戻ります。

一見平和と感じるかも知れません。

でもそれでいいのではないのです。

 

お子さんは

暴力の即効性を

知ってしまったのです。

このままではいけないのです。

きちんと整理する必要があります。

 

それはお子さんが幸せな大人になるのに本当に必要なことです。

 

暴力で解決する

ということを学んではいけないのです。

 

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

                    https://kodomonokokoro.crayonsite.info

不登校のお子さんの心を知る〜厚着は心の鎧⁉︎〜

不登校のお子さんと関わる時

何を思っているのか、どうしたいのかを知りたいのですが

すらすらとお子さん自身が自分の内面を

お話しされることは、まずありません。

 

言葉にすること自体が難しいお子さんや

自分の気持ちを口にすることに

罪悪感があるお子さん

自分の気持ちを

自分でつかみづらいお子さんなど

理由は様々です。

 

お子さんとの関係ができれば、

こちらも色々推測して

質問をしながら

進めていきますが、

まだ関係ができる前であれば

薄氷の上を歩いているように恐る恐る

関わることになります。

 

その時に私が、目安にすることは

いくつかあるのですが、

その一つに厚着かどうか(主に冬場) があります。

お子さんが、初めて相談室に来られる時など

何枚も着込んで、例えば

ジャンパーを2枚重ねで

帽子をつけ、マスク(コロナ前でも)マフラー、手袋

なんて感じでこられることがあります。

 

相談室の暖かい部屋に入っても

しばらくはそのままです。

親御さんに促されて

さすがにジャンパー(一枚目)は脱いでも

帽子や手袋は

そのままで過ごされることもあります。

ただ相談室に慣れてきてくれると

それを一枚、一枚脱いでいくのです。

心が温まり、

自分をまもる鎧を脱いでいくイメージです。

安心してくれたサインです。

 

私の息子が不登校をしていて

久し振りに学校に行く日のこと。

いつもは、暑がりなのですが

その日は、寒い寒いと言って

薄手のジャンパーの上にダウンのジャンパー

手袋、マスク、ネックウォーマーを

つけておりました。

1ヶ月ほどは、

そのような形で

登校してましたので、身を守るために装備なんだなあと

見守っていたことがあります。

同じようなことに

目を隠すように前髪を伸ばしていた時期もあります。

これも同じような意味があるのだと思います。

 

部屋に入ったら防寒着は脱ぐべきなのに!

前髪が長いと目が悪くなる🤭と

無理矢理、服を脱がしたり

ヘアカットすると

子どもさんが自分で工夫している

不安を鎮めるための

鎧がなくなってしまうのです。

 

ゆったりと

お子さんが鎧を自分で脱ぐのを

待つのがいいと思います。

 

1月13日

ワンコインセミナー&フリースペースします。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

                    https://kodomonokokoro.crayonsite.info