にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校のお子さんの給食費その3 先生への伝え方

今日は、給食を止めることを、先生に伝える時のポイントを書きますね。

まず給食を止めることは、その1で書きましたように

先生自身にダメージがある時があります。担任であれば特に。

ただこれは気になさらなくていいです。

それは、先生側の問題で、この件で先生の心がダメージを受けるのは

その方自身の問題だと思います。

ただ親御さんは、このことを心に留めて

慎重に丁寧にお伝えになるといいと思います。

 

そして実際に伝えても、給食を止めることができるということを

知らない担任がほとんどです。また学校も即答できないかもしれません

賢明な先生ならここで一旦確認作業が入るでしょう。

先にこの時点で、客観的な情報を伝えておきます。

親御さんは、先に情報を調べておいてください。

例えば事前に教育委員会などに尋ねておいて

教育委員会は、校長裁量だと言ってます。」など

また近隣の学校の情報やPTAの会長さんの意見とか、

カウンセラーの意見や他の不登校の親御さんの意見とか。

弁護士さんの見解などもネットでは、載っているサイトもありますね。

ほとんどの先生は、親御さんのいうことをきちんと公平に受け止めることができますが、

一部に、不登校の親は、自分勝手だ とか、給食止めるなんて聞いたことない など

自分の物差ししか持たない先生もいますので、門前払いをさせないための策です。

 

また給食を止める事務については、

ネットショップのキャンセルのように簡単にできると

思われるかもしれませんが

学校に入っているシステムって何故か

本当に使い勝手が悪く

(コストを抑えていながら、セキュリティを重視しているからだと思いますが)

この程度の事務作業でも案外時間がかかるかもなあと思います。

また管理職、教育委員会に口頭の報告さらに文書による報告が必要だったりします。

そして給食の食数が変わるので給食主任や栄養職員に報告などなど

いろんな事務仕事が付いてきます。

 

食べていない給食を止めることは、当然のことで、

その作業は当然、学校側が、行うことではありますが、

学校側、先生側から見れば結構、手間がかかる作業でさらに

先生自身の苦痛が伴うことなのです。

ですので丁重にお願いされることが

結局はスムーズに進むコツだと思います。

クッション言葉なんていうのをうまく使って

お話しされれば完璧だって思います。

 

何かご質問などありましたら

お知らせくださいね。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

                   https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

 

f:id:nanamiyuki:20201229205354j:plain

 

 

不登校のお子さんの給食費について その2 (給食を止める時の心配ごとについて)

その1 では、給食は止めることができるのか

について書きました。

その続きです。

 

今日は、給食を止めることについて

親御さんの不安についてです。

 

もし子どもが急に行きたいって言ったら

どうなるのか?

 

このことについて書きますね。

 

学校には一食ぐらい予備があるだろうと

思われる方もおられますが、

注文していないのだから

ないものと考えられるのが

良いと思います。

 

ただ確かに予備がある学校もありますので

学校に聞いておくといいとは思います。

給食の細かい運用は、市町村で違います。

また、民間の会社に給食を委託していれば

学校ごとに運用が違うことがあります。

 

ただ予備があっても

急な転校生があったり、

入院していて給食を止めていたお子さんの退院が早まったりなど

前日までに予備をどう使うかが決まっていることも多いのです。

 

予備が足らなければ

教頭先生の給食であったり

休んでいる子どものものであったりと

どこかで(正規の方法ではなく)

調達されることになります。

学校が自分たちの考えでそうしてくれるなら

その気持ちに甘えたらいいとは思いますが、

そういった流れは、

知っておいていただきたいと思います。


ただ私の考えでは、

お子さんの様子もありますが

再登校は、

ゆっくりじわじわ戻ることをお勧めしています。

ですから初日から給食を食べることは、

お勧めしていません。

給食後の午後からか、または午前中の数時間など

短い時間がいいと思っています。

無理はしないで余裕のあるぐらいがいいのです。

 

実は私の子ども(現在大学2年)のことなのですが、

小学生の頃、不登校をしていました。

その不登校時代にひさしぶりに学校に行った日

私は給食を止めていたのですが

学校が好意で給食を準備してくださいました。

帰ってきて息子に「給食、おいしかった?」と尋ねると

「砂の味がした」と言ってました。

 

お子さんのタイプや心の健康さによりますが

無理しすぎるのは子どもさんが可哀想だし

後で反動が出ると思います。

 

つまり

再登校になったとしても

給食を食べることは、

お子さんのために

急がない方がいいと思います。

          次回に続く

 

次は、うまく担任に伝えるコツを書きたいと思います。

他にも質問ありましたらお知らせください。

 

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

                   https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

 

 

 

 

 

 

不登校のお子さんの給食費について(その1)

食べていないお子さんの給食費

払い続けているとのことを時々お聞きします。

正直もったいないとのことで、

担任に話をしても「(給食は)止められない」

と言われている方もいます。

 

 結論から申しますと

止めることはできると思います。

 

止めたいと思われるなら親御さんの方からはっきりと

 学校に意思を伝えていかなければならないのです。

担任がダメなら、栄養職員や管理職に相談なさってみて

それでも難しければ

教育委員会文部科学省などご相談なさってください。

(直接、まず文部科学省に相談してその話を元に

文部科学省は電話したらこう言ってるよ、

なんてのもいいかもしれません。)

 

なぜ親御さんの方から伝えるかと言うと

学校からは、給食を止める

と言うことは、大変言いにくいことなのです。

 

理由は、2つあります。

一つ目は、担任は、(子どもを切り捨てる)と親や子どもさんに

思われるのではないかと思い、伝えることに二の足を踏んでいるケース。

(実際、それで親御さんが傷つかれてトラブルになるケースがあります。

多分担任の説明不足だと思う。)

 

2つ目の理由は、担任自身の罪悪感。

担任は、「お子さんの不登校について自分の何が悪いのか」

と罪悪感を抱えている人は多いです。

ですので、自分から不登校を認めるようなことを言えないのです。

表面上は、何も感じてないように見える担任も

実は、心の深くでは、自分の力が不足していることは感じています。

(無意識下で葛藤していて、現実を認めたくないみたいな

低い考え方の方もいますが!)

 

止めようと思われるなら何にも気兼ねせず

親御さんからはっきりとおっしゃればいいのです。

 

食べていない給食費を払うより

一緒にランチ🌭などのほうが

お子さんにとってもいいと思うのです。

                                  つづく

次は

急に学校に行くなど給食が必要になったらどうなるか

などについて書きますね。

何かほかに質問などありましたらメッセージくださいね。

 

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

                   https://kodomonokokoro.crayonsite.info

不登校 18万人⁉︎

不登校のお子さんの文部科学省の令和元年度の調査から
不登校の児童生徒数は 181,272 人(前年度 164,528 人)と
発表されました。

整理しておかないといけないことは

これは、昨年度の
つまり
コロナ禍以前の結果ということ。

きっと
今年はもっとしんどい子がいる。

学校 を
どう考えるのか
皆さんと一緒にしっかり
考えたいと
思っています。

f:id:nanamiyuki:20201101112124j:plain

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜
https://kodomonokokoro.crayonsite.info

フリースペース!活動の柱です。

私は、公立の小学校の保健室の先生を20数年しましたが、
50才を機に退職してお子さんと保護者の方の相談室を立ち上げました。

教員をしていたときは、本当にいろんなお子さんや親御さんと
関わらせていただきました。不登校のお子さんにも関わらせていただきました。

また我が息子たちも
不登校をしていた時期があるのですが
当時、昼間に子どもが行けるところもなく、
また息子自身が人の目が気になり
隠れるように過ごしていました。
そして午後も、友達に会いたくないからと
遠くのイオンに出かけたり
夏休みでも映画を
わざわざ他府県にまで見にいったりと
外には、ほっとできる場所がどこにもなかったなあと
思い出しています。

本当に子どもには、学校以外、道がないのだと思い知った数年でした。
でもそれでは苦し過ぎます。

 

このフリースペースで

どんなことができるかは、まだ未知数ですが、
お子さんにとって安全安心な場になるように
心を尽くしたいと思っています。

密にならないように少人数で
感染症対策に充分気を付けます。

参加費は、一家族500円です。

ご興味がありましたらご連絡ください。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜
https://kodomonokokoro.crayonsite.info

f:id:nanamiyuki:20201023073831j:plain

 

フリースペース!

やっと開催できます。
不登校のお子さんと保護者の方のフリースペース❗️

この活動が一番したかったこと。

感染症の予防には、十分努めながら、
お子さんにとって安全、安心な場になるように😊

ご興味のある方は、ご連絡ください。

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜
https://kodomonokokoro.crayonsite.info 

f:id:nanamiyuki:20201005211014j:plain