にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校のお子さんの嘘⁉️『行く行く詐欺』

f:id:nanamiyuki:20210617151517j:plain

不登校のお子さんの嘘

代表は、

明日は『いく行く詐欺』ですね。

明日は行くと言って

朝になると「やっぱり休む」

不登校あるあるとも言えます。

 

親御さんにすれば

「明日は行くんだ」という希望からの

失望ですので心がついていかないという

気持ちになられるのは

無理のないことだと思います。

 

「嘘つき‼️」

と言ってお子さんを責めても

現状は変わりません。

さてどう考えたらいいでしょうか?

 

まず考えていただきたいのは

お子さんは昨日どういう気持ちだったかです。

 

①本当に行こうと思っていた

②行けないかもしれないと思っていた、行けるといいなあと思っていた

または、行けるはずないと思っていた

さてどちらでしょうか。

 

①でしたら、親御さん以上にお子さんはショックを受けています。

ここで親御さんにまで責められたら、お子さんは居場所を失ってしまいます。

親御さん自身の不安や怒りは少し横に置いて

お子さんの心をケアしていく必要があります。

 

さて②でしたら『嘘』をついたということになるかもしれません。

でも嘘をつくしかなかったとは考えられませんか?

嘘をつかないと親御さんに叱られる、泣かれる、質問責めになる・・・

行くと言ったから昨日から今朝までの平穏な時間が確保されたのではありませんか?

もし②でしたら親子関係を見直してください。

お子さんは不登校に一人で立ち向かっています。

味方には嘘をつかない。

 

お子さんは

せっかく学校を休んでも

親御さんへ嘘をつくため

エネルギーを使っています。

 

行く行く詐欺をする方も

される方も

エネルギーの無駄使いをしている。

これでは

不登校の本質には近づかないのです。

 

お子さんの一番の味方になりませんか?

 

時々明日行くという条件で

何か先に買ったりされていることがありますが

それは話をややこしくするので

やめたほうがいいと思います。

 

不登校や子育ての

ワンコインセミナー毎月開催しています。

 

奈良市西大寺

不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

 🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

      https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

 

 

 

 

 

不登校のお子さんの話の腰を折らないで

 



f:id:nanamiyuki:20210601161042j:plain

奈良市西大寺

不登校

学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室
にじいろたまご 七水(ななみ)です。

不登校のお子さんを持たれた親御さんに
どうやって話を聞けばいいか

わからないと
言われる方があります。

私が親御さんにアドバイスすることはたった一つ

話の腰を折らないこと

私たち大人はどうしても
子どもさんの話を聞いていると
正しい答えや早い解決方法を伝えたくなります。

でもそれはあなたの意見。

 

つまり

子どもさんの話の腰を折っているのです。

 

子どもさんは話す意欲を失くします。

しんどい時こそ子どもさんの話を腰を折らずに

最後まで聞ききってください。

 

 

その先に答えはあります。


ワンコインセミナー毎月開催しています。
詳しくはホームページまで
🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜
https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

 

不登校と適応障害

f:id:nanamiyuki:20210529153533j:plain

奈良市西大寺

不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

にじいろたまご  の 七水(ななみ)です。

 

深キョン適応障害、少し驚きました。

ゆっくり休んでいただきたいと思います。

  

適応障害は、ストレスによる心と体に症状が出て、それにより日常生活に支障が出る障害のこと。ストレスとなった原因がはっきりしていて、原因を取り除けば、改善すると言われています。

 

ですので適応障害のうちに対応することはとても賢明なことだと思います。

 

適応障害はきちんと対応しないとうつ病になるケースもあるのです。

 

適応障害は脳にはダメージはありませんが、うつ病では、脳の中で病変が起きています。

病変が起きてしまうと治るのに時間がかかるのです。

 

雲泥の違いがあるといえます。

 

不登校も同じです。心身が病気になる前に早めに対応することは大人の役目だと思っていま

す。

 

f:id:nanamiyuki:20210529153615j:plain

 

ワンコインセミナー、毎月開催しています。

詳しくはホームページまで

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜    

        https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

不登校のお子さんは「ずるい!」のか

f:id:nanamiyuki:20210527155311j:plain

奈良市西大寺不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

にじいろたまご 七水(ななみ)です。

 

私は公立の小学校で保健室の先生を20数年していましたので、その間には、保健室登校のお子さんを預からせていただくこともありました。

基本的には、保健室では、授業中は自習や課題をして、休み時間は、自由時間です。

お子さんによればお友だちが保健室に遊びに来ます。その際、お友だちの口から出るのが「ずるい」という言葉です。

私が教員になりたての若い頃は、「この子は、こんなに苦しんでいるのにずるいって何💢」と腹を立てていましたが言っている子は、本心からそう言っている子が多くいました。

また真剣に「どうやったら保健室登校できるのか」と聞きにくる子もありました。

実際一人保健室登校が出ると、「私も」って感じで増えることもあります。

不登校のお子さんは年々増えていますが、教室以外で勉強することを望んでいる子は、実際はもっと多いのだと思います。

また担任の先生も私に「保健室が居心地良すぎて、教室に戻れないようになるから困る。」という苦情?を訴えられたこともありました。

『教室が居心地が悪い』って先生もわかっているんですね。

 

不登校のお子さんは決してずるくありません。

自分の心を大切にできるお子さんなのです。

 

私はドラマ好きなのですが

先週の放送の第5話で

「みんな同じ方法でやる必要はない。

お前だけの方法が必ずあるから」 

阿部寛さん演じる桜木先生が語っていました。

全くその通りだと思います。

自分に合った方法を自分で選ぶ

人にとやかく言われる筋合いは無いのです。

 

ワンコインセミナー毎月開催しています。

ご興味ありましたら❗️

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜

      https://kodomonokokoro.crayonsite.info

不登校と心因性頻尿

f:id:nanamiyuki:20210526171651j:plain

 

奈良市西大寺

不登校

学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

にじいろたまご 七水(ななみ)です。

 

前回は、トイレが怖くて行きたくないお子さんのことを書きました。今回は、さっき行ったのにすぐトイレに行きたくなる頻尿についてです。

特に理由がなくておしっこに行く回数が増えたらまずお医者さんに行かれることをお勧めします。

バイ菌が入ったことによる頻尿なら薬ですぐに治るからです。

感染症でないならおしっこの回数や量の記録をつけたりMRIなどで膀胱や尿道などの働きを検査したりしておしっこの回数だけが増えているのかおしっこの量が増えているのかおしっこが膀胱に残るのかなど調べます。

おしっこをするという行動には

おしっこを作る

おしっこを貯める

おしっこを出す

などの過程があって検査をしてみないと詳しいことはわからないのです。

 

全てのことに異常がないということになると心因性のつまりストレスによる頻尿ということになります。

 

ここからさてどうするか

簡単にいえばストレスを取り除いて・・ということにはなるのですが

取り除けるならそうすればいいのですが原因がはっきりわからないこともありますしいくつかのことが関わっていることもあります。

また例えば発表会のような行事がストレスであれば取り除くことだけが良いとも限らないのです。無事に発表することがお子さんの力になることもありますよね。

お子さんの様子やストレスになっているもののお子さんにとっての価値などを総合的にみて、ストレスを減らすのかストレスに立ち向かうのか

そして

減らすならどのぐらい減らすか、例えば一部だけ取り除くとか100%取り除くとかお子さんの様子から決めるしかないなあという感じです。

 

うちの次男が不登校の時、心因性頻尿になりました。

その時の話ですがいじめが絡んだりして私も次男も気が塞いだので思い切って家族で東京観光andディズニーランド旅行を計画しました。

バス、電車、飛行機と乗り継ぐのですが行きは、乗り換えるたびにトイレに行き飛行機でも1時間半の間に2回ぐらいトイレに行っていました。

でも1泊、2泊してデイズニーランドで楽しんでいるうちにすっかりトイレに行かなくなりました。

帰りの飛行機に乗る前にトイレに誘うと

「お母さん、僕さっき行ったばっかりやろ💢」と

逆に怒られてしまいました。

旅行から帰るとまた頻尿に戻っていましたが、心と体につながりは面白いものです。

 

当時は、私も色々心配しましたが

「トイレ大丈夫?」とか

「また行くの?」とか

「さっき行ったから行かなくても大丈夫でしょ」とか

やいのやいの言わないで行きたいなら気が済むまで行かせてあげてください。

このタイプの頻尿は治る時は治ります。

とはいえ次男は頻尿の前は心因性視力障害になったこともあり、体質的にストレスを処理することが苦手なタイプでしたので心配がつきませんでした。

子育ては本当に大変だなあと思います❗️

 

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜       https://kodomonokokoro.crayonsite.info

学校のトイレが怖い⁉️

f:id:nanamiyuki:20210525160105j:plain

 

奈良市西大寺不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

にじいろたまご 七水(ななみ)です。

 

今日はトイレのお話し

 

特に低学年のお子さんで

学校のトイレが怖いと

いう思いを持たれるお子さんは多いと思います。

 

実際

学校でおもらしを繰り返しするお子さんに

よく話を聞くと

「トイレが怖いから行きたくない」

「怖いから急いで出るので失敗する」

といった話が出てきます。

 

私の子どもの頃に住んでいた家のトイレは

外にあり真っ暗で夜は一人では行けなかったです。

また20代の頃、住んでいた教員住宅は、ボットン便所で、

下から流れてくる冷気がもう怖くて。

トイレの怖さ!よくわかります。

 

学校のトイレも

今はずいぶんきれいで

洋式も増えてきていますが

それでもおうちのトイレはもっときれいでしょうから

ギャップは大きくなったと言えるかもしれません。

 

また

「学校のトイレで鍵が開かなくなって出られなくなったことがある」

などという体験を話すお子さんもいます。

トイレの鍵は実はよくある話です。

学校のトイレの鍵が壊れているというのは論外ですが、

大人であれば特に問題がないような

扉の引っ掛かりでもお子さんは、「開かない」と

パニックになってしまうこともあります。

または友だちのおふざけで

扉を押さえられた

または

扉を引くべきなのに押していたなど

つまずいてしまう出来事は

色々あります。

 

お子さんによっては

繊細に対応する必要があります。

 

まずはお子さんの話を聞かれて

何が問題になっているのか

確認しましょう。

そして

どのように対応すればいいか

教えてあげてください。

 

子どもにとっては重大な問題ですが

大人にとれば

簡単に対応できることが多いと思います。

 

例えば

お子さんがトイレの鍵を確認してから入るようにする

お子さんが鍵などの具合のいいところを探してお気に入りのトイレを決める

などなど

また学校に相談して

保健室や職員用のトイレを使わせてもらう 

トイレタイムをとってもらって先生も一緒にみんなでトイレに行く

などもよく使われる方法です。

 

トイレは

プライベートの空間であるため

一人ですので怖さは格別ですね。

ですから今でもトイレにまつわる怪談話が

語り継がれるのでしょうね。

 

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜      

https://kodomonokokoro.crayonsite.info

不登校と頭痛

f:id:nanamiyuki:20210521125313j:plain


奈良市西大寺不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

にじいろたまご 七水(ななみ)です。

 

頭痛など体調不良から

不登校へという流れはよくあります。

 

頭痛は、感染症や熱の時の症状ですし

時には脳の病気の症状でもあるので

きちんとした対処が必要です。

また治療できる頭痛もあります。 

まずはかかりつけ医で

ご相談されることが大切です。

 

不登校のお子さんに

関係が深い

緊張性の頭痛は

効果的な治療法がなく

日常生活をコントロールすることと

鎮痛剤で痛みを抑えたり

マッサージなどで痛みを和らげることが中心になります。

 

痛みは

感染症や脳の病気による頭痛よりも

鈍いと言われていますが

それでもやはり痛い。

 

 このタイプの頭痛は

なんらかの原因で

顔や首、肩の筋肉ががちがちに

緊張して硬くなり

脳へいく血管に血が流れないことが原因です。

(厳密に言えばもっと色々あるのですが

イメージとしてはこんな感じで。)

 

私はストレスからくる頭痛持ちのお子さんには

このことを

お伝えするようにしています。

 

 

お子さんが頭痛を起こした時

薬を飲んで治った時

何かに頑張りすぎている時

などなど

 

その都度伝えればお子さんは

何が頭痛に

つながるか

だんだん理解されます。

 

 

そして

どうしたらいいか

考える。

 

体と心はつながっています。

それをお子さんにわかってもらいたい

 

 何も考えず頑張り続けると

頭痛はどんどん悪化する、頻度も増える

そして鎮痛剤で痛みを抑えることだけをしていると

自分の体をケアすることができない大人になってしまいます。

 

自分の体を

感じ

整える

 

自分で自分の体と心を整える大人になって欲しいのです。

 

ワンコインセミナー毎月開催してします。

詳しくはこちらをご覧くださいね。

 🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜       https://kodomonokokoro.crayonsite.info