にじいろたまご〜子どものこころを守る〜

奈良 不登校や学校でお困りのお子さんと親御さんの相談室

不登校のお子さんのうそ

f:id:nanamiyuki:20210725083048j:plain

嘘は、泥棒の始まり

なんて言いますが

私は子どもさんの嘘は、

絶対悪いとは言えないと

思っています。

 

嘘には色々種類があって

例えば

海に行っていないけど

見栄を張りたくて

「海に行った。」と言う

意識的な嘘もありますし

海に行きたいなあと想像している間に

行った気になり、自分自身も区別がつかず

「海に行った」と言う

場合もあります。

 

また意識的な嘘の中でも

場を盛り上げるためにつくような

嘘もありますし

相手を傷つけないための嘘もあります。

また希望や願望が現れていたり

構って欲しくて嘘をついていたりする

場合もあります。

 

「嘘は悪いこと」

と言った単純な構造にはなりません。

 

子どもさんが嘘をついた時は

しっかりお子さんの話や背景を見て

叱るべきことなのか

嘘は良くないという前提の上で

言って聞かせるのか

様子を見るのか

スルーするか

その都度対応は判断してください。

 

そして

不登校のお子さんの嘘は

特に慎重に判断してください。

 

お子さんが自分の領域を守るために

嘘をついてはいませんか?

 

子どもの領域に土足で

踏み込んでいるのでいるのは

あなたではないですか?

 

子どもさんが

自分の領域を守るために嘘をついているということは

ここが危険だと思っているということ

 

そして誰がお子さんの領域を

脅かしているのか!

 

よくよく

考えてください。

 

子育ては、

本当に親の価値観を問われる作業です。

不登校のお子さんであれば

さらに感性が鋭く

親御さん自身の価値観の真意を問うてきます。

 

お子さんの嘘に

惑わされずに

大きく現状を見ましょう。

 

お子さんの嘘は

お子さんの心を知る手がかりです。

 

ワンコインセミナー毎月開催しています。

詳しくはホームページをご覧ください。

奈良市西大寺 不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜        

https://kodomonokokoro.crayonsite.info

不登校とスクールカウンセラー

f:id:nanamiyuki:20210722074332j:plain

私は、

教員時代

スクールカウンセラーの担当をしていました。

昔のことになりますが

親御さんに

スクールカウンセラーに会うのが苦痛」

と言われたことがあります。

 

カウンセラーといえども

合う合わないは当然ありますので

無理して会われる必要は全くありません。

 

ただ

スクールカウンセラーへの相談は

一度は、されると良いと思っています。

理由はと言いますと 何より学校の中から

専門的な支援を受けられるということ。

 

先生のこと、学校の雰囲気やシステム

管理職の方針とか、諸々わかってもらって

カウンセリングをしていただけるので

私は、スムーズにカウンセリングが進むと思います。

 

またスクールカウンセラー

お子さんが登校した時は、クラスでの

様子を見ていただくこともできますし

また、校長判断ですが

家庭訪問も可能です。

 

うまく関わってもらえればとても

良いシステムです。

 

是非時間を作られて

会われることをお勧めします。

 

ただ

ただ相性というものはありますし

力量や考え方も人により大きく違います。

もし話をしていて苦しいな

気が楽にならないという場合は

無理をしてお会いになる必要はありません。

1回か2回、顔見知りになっておけば

それで十分です。

 

次の予約は?と聞かれても

仕事の予定がはっきりしないとか

またこちらから連絡するとか

いえばなんの問題もありません。

それで察することのできないカウンセラーは

いないと思います^_^

 

私は、我が子の不登校時代に

色々なカウンセラーと

たくさん会いました。

素敵な方もいらっしゃいましたが

ひどい人もいて

それでさらにしんどくなったこともありました。

腹が立って途中で帰ったこともありました。

(今思い出してもモヤモヤ)

 

お子さんのため

人、場所、システム・・。

使えるものは

使ってください。

必要なければ、使わない。

 

あくまでも、主導権は、こちらです。

 

ワンコインセミナー毎月開催しています。  

詳しくはホームページをご覧ください。

 奈良市西大寺不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室  

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜      

 https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

 

 

 

 

 

 

不登校のお子さんと夏休み

 

f:id:nanamiyuki:20210717215816j:plain

もうすぐ

夏休みですね。

 

1学期間大変だったのではないでしょうか

お疲れ様でした。

 

夏休みに入ったら

 

まず

 

何も考えずに

 

腹の底から

お子さんと一緒に

「ワッハッハ」

と笑いましょう。

 

えへへ

 

クスクス

 

ニヤリ

 

ハハハ

 

そして

 

ワッハッハです。

 

YouTube

おすすめの動画大会などはいかがでしょうか?

笑える映画、

M1グランプリもいいかな

 

笑いには、免疫力をあげたり

ストレスを解消したり

脳を活性化したりする効果が

科学的に証明されています。

 

まずはそこから❤️

 

1学期間

おつかれ様でした。

心と体を癒しましょう。

 

通知表は見なくて大丈夫です。

宿題はお子さんにやる気があれば!

答えを写すようなら時間がもったいないので

別課題を先生と相談するか

お子さんと本屋さんで探すか!

やる気がなければ

パスしてしまいましょう。

(先生には、親の判断で今年は宿題しませんでした。

または、

カウンセラーにやめときましょうと言われましたとか

一応なんらかお伝えください^_^)

 

受験の人は受験先のリサーチを。

受ける受けないは置いといて

広く調べてみましょう。

色々なシステムの学校があるものです。

 

とにかく

しばし休憩です(o^^o)

 

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜          

https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

 

 

 

 

 

不登校のお子さんと祖父母

f:id:nanamiyuki:20210716220053j:plain

 祖父母の方は

お孫さんが不登校になると

戸惑われるようです。

不登校については

祖父母世代では、情報が全くなく

その分不安が大きくなるように思います。

 

 まずは、

基本的な不登校についての

情報をお伝えしていただくのがいいと思います。

 

そしてご理解いただき

親とは違った視点で

接してもらえると

お孫さんにとっては

ありがたい存在です。

 

不登校中に

おばあちゃんと外国に2人で

行っていたなんて聞くと

「なんて素敵なおばあちゃん」と

嬉しくなります。

 

でもたまに

不登校を認めないで

「昔は、そんな子はいなかった」

「甘やかすから」

「しつけがなっていない」

など

追い詰めるようなことを

親御さん

また

お孫さんに直接

言われる祖父母の方があります。

どんなことを言われても

祖父母さんであれば

強く言い返せなかったり

ましてやもう合わないなんてことはできないですね。

血の繋がりがあるからこそ

悩ましいですね。

 

これを整理するには

境界線を引くことです。

 

不登校のお子さんとその兄弟

そしてその親という

いわゆる家族と

祖父母世代の間に

はっきりとした境界線を引くのです。

 

祖父母家族と同居であっても

なんらかの支援を受けていたとしても

構いません。

きっちりと境界線を引いてください。

 

この境界線は

目には見えません。

しかしこれを

うやむやにしてしまうと

いろんな苦しいことが出てきます。

 

お子さんのことは、

親御さんがお子さんと話し合い

決めます。

間違うことがあるかもしれません

しかしそれでいいのです。

修正すればいいだけのことです。

 

祖父母に何を言われようが

それは、あくまで外野の声です。

 

境界線を意識して

 外野の声に

翻弄されずに

お子さんにとっていいことだけ

追求しましょう。

 

ワンコインセミナー毎月開催しています。

詳しくは  ↓↓↓

奈良市西大寺

不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

 🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜          

https://kodomonokokoro.crayonsite.info 

 

不登校のお子さんと習い事

f:id:nanamiyuki:20210714162016j:plain

不登校のお子さんが

学校を休んでいても

習い事に行ってもいいかということは

結構、迷われる方は

いらっしゃいます。

 

私は

お子さんの体調と気力次第ではありますが、

学校を休んでいるなら

むしろ習い事は行った方がいいと思います。

 

いい気分転換になりますし、

家族以外の人と関わることは、

学校を休んでいるなら

積極的に子どもさんの生活に

取り入れるべきだとも思います。

 

さて

ただトラブルになる種はあります。

そこに来ている学校の友だち、知り合い。

 

「なんで習い事は来れるの?」

「学校休んでるのにずるい」

「明日は学校に来れるね」

「心の病気なの?」

などなど

子どもならではの

素朴&正直&悪意!の質問は、

どうしても出るのです。

そこは覚悟して先手を打っておきたいものです。

 

どんな先手があるか

 

①先にその友だちと親御さんに事情を話し、不登校になっていて

習い事だけでも行かせたいなど、少しオーバーに言って、

逆にサポートをお願いする。

②朝は、調子が悪く学校に行ってはいけないと

お医者さんやカウンセラーに言われているなど

専門家を引き合いに出し、習い事でみんなに説明させてもらう。

③思い切って時間帯を変える。

子どもが学校に行っているお昼間やまたは遅い時間。

④通える範囲で、支店があれば変える

などなどいかがでしょうか

 

お子さんの気持ちを尊重して決めていけるといいと思います。

 

このような細々とした日常の出来事を子どもさんの心を

大切にする方向で決めていく

このこと自体が子どもさんの気持ちを癒すことになります。

丁寧に、繊細に、そして優しくお話ししてください。

 

それから通い続ける目処が立ったら

学校の先生にも一報入れておかれることをお勧めします。

先生に「○○ちゃんが習い事に行ってます!」など

報告しにくるお子さんもあるので

そのときに先生に肯定的なリアクションをとってもらうと

その後いろいろなことが違ってきますので。

 

ワンコインセミナー毎月開催しています。

詳しくは  ↓↓↓

奈良市西大寺

 不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜          

https://kodomonokokoro.crayonsite.info

不登校のお子さんは幸せにはなれないのか?

f:id:nanamiyuki:20210712082431j:plain

不登校のお子さんを持つ

保護者の方と

お話しさせていただくと

将来の不安を

話されることがあります。

 

実際のところ

不登校のお子さんの将来は

どうなんでしょうか

幸せにはなれないのでしょうか?

 

World Happiness Report 2021」の

世界幸福度ランキングで

日本は世界56位です。

 

この結果だけを見ると

不登校のお子さんがというより

日本人の幸福度が

心配ということになりますね。

 

ここで私が感じることは2!

 

1つ目

上位10国のうち9国は、欧州です。

この調査では多分そちらの文化が有利なんでしょう。

日本人の幸せをそういう勝手な指標で

決められるのは不快だなあと思います。

幸せは外から決めるものではないと思います。

 

2つ目

不快ながらも掘り下げると

日本が世界から見て56位なら

日本人が日本で普通にたどり着くものは

世界では、56位ぐらいの価値であるということ。

不登校のお子さんは

それを肌でわかっているのではないかと思います。

 

皆さんはこの結果からどのように

感じられましたか?

 

ちなみに

日本人は

人生で何をするかを選択できる「自由度」と、

相手を受け入れて人とのつながりを作る「寛容さ」

ポイントが低いそうです。

 

ワンコインセミナー毎月開催しています。 詳しくは  

↓↓↓

奈良市西大寺

不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜          

https://kodomonokokoro.crayonsite.info

 

学校の先生に不登校の子供を理解できるのか?

f:id:nanamiyuki:20210707151747j:plain

先生との関係は不登校のお子さんと

保護者にとっては重要なポイントです。

 

先生が理解してくれない。

 学校がわかってくれない

先生がこんなひどいことを言った

対応が悪い  など

私も実際に、学校、先生がきちんと対応していないなあと

感じることは多くあります。

 

ただ一つ親御さんに

理解しておいて欲しいことは

学校の先生は不登校のお子さんへの

関わりは、プロではないということです。

 

先生たちは、教室で、学校で子どもと関わることのプロです。

そちらの分野では、心血を注いで頑張ってこられた方ばかり。

 

また先生になる方は、割に子どもの頃から学校教育に適合してきた方が

多いのです。

不登校のお子さんのことは、

むしろ、わからないという先生が多いように感じています。

 

ですから先生、学校との関係は

一緒にゼロからお子さんの支援を

作りあげるイメージがいいと思っています。

 

お子さんの家での様子や反応

学校がこうしたとき嫌そうだった

嬉しそうだった  とか

学校では、こんな様子

こんなこと言っていた!

など

 

お互いに情報交換しながら

トライ アンド エラーで

積み上げていく

 

学校はどう支援するか

家ではどう支援するか

 

その中で方向性が決まってくるのが理想だなあと思っています。

なんて言っても先生は子どもに関わった経験は

沢山お持ちなんですから

良い案は、出てくると思います。

 

理想的ですね。

 

ただ人の気持ちのわからない先生もいます。

保身を大事にする先生も多くいます。

 

関わることで親御さんやお子さんをさらに傷つける先生なら

その場合はキッパリ諦めましょう。

 

ワンコインセミナーを毎月開催しています。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

 

奈良市西大寺

不登校や学校がしんどいお子さんと親御さんの相談室

🌈「にじいろたまご」〜子どものこころを守る〜       

https://kodomonokokoro.crayonsite.info